業務用の複合機/コピー機の相場

コピー機や複合機は新品での場合と中古の場合で相場が異なります。新品の複合機の場合、多くの会社ではリース契約で導入されることが多いため、現金一括で購入されることは少なくなります。複合機の価格は1分間あたりの印刷速度で金額が変わってきます。
複合機の印刷枚数リース料金相場
この価格はあくまで目安ですが、ほとんどの場合はこちらの価格帯に分かれてきます。上記はあくまでリース価格なので、毎月の印刷枚数によってカウンター料金が上がり、ランニングコスト自体が上記の表よりも高くなる場合もございますのでご注意ください。

印刷速度の速さでリース料金が違う

業務用の複合機・コピー機の価格の違いは「印刷速度」にあります。1分間あたりの印刷速度が速ければ高く、遅いほど安くなります。印刷速度は貴社が毎月利用する印刷枚数に比例するので、自社の印刷枚数を念頭に入れたうえで選択しましょう!

カウンター料金が安いとリース料金は高い

業務用の複合機をリース契約する場合のカウンター保守ですが、毎月の印刷枚数が多ければ多いほどカウンター料金が安くなる傾向があります。逆に毎月の印刷枚数が少ないほどカウンター料金は高くなる傾向があります。

リース契約の初期費用

業務用の複合機・コピー機をリース契約するメリットの1つは「初期費用が必要ない」ことです。さらに、リース料金は経費扱いにできるため資金繰りの面で安定して使い続けることができる部分もポイントです。

業務用複合機の平均的なおすすめ

これまでのことを総合すると、当サイトでおすすめする複合機はリース料金が7,000円~15,000円台の複合機です。一般的な企業で導入されている多くの複合機がこれに該当します。平均的な印刷即は1分間当たり約20枚程度です。初めて複合機やコピー機を導入される方や、モノクロ機からカラー機に入れ替えを検討されている方はこの価格帯を参考にしてみてはいかがでしょう。

リース料金がもっとも高い複合機

意外と知らない方が多いことですが、カラー機とモノクロ機ではモノクロ機の方が料金が高い傾向があります。恐らく多くの販売店はモノクロ機よりカラー機をすすめてくることと思います。モノクロ機はカウンター保守ではなくトナーキット保守になる場合が多く、リース料金は安いけど、印刷単価が高くなってしまいます。どうしてもモノクロ機にこだわりがある方は下記も参考にしてみてください。

家電量販店の小型複合機と業務用の複合機どちらがお得?

複数の会社から一括見積もりで一番いい複合機を導入!

A3まで刷れる複合機リースをお考えなら一括見積もりサイト「複合機ABC」をぜひご利用ください!キヤノン複合機京セラ複合機コニカミノルタ複合機シャープ複合機
富士ゼロックス複合機、リコー複合機、その他全メーカーからあなたのお望みの1台が見つかります。2分程度のお見積り依頼で最大5社のお見積もり!