複合機の選び方

業務用の複合機はオフィスに欠かせないOA機器ですが、機能が充実している分価格も安くはありませんので、失敗はしたくないですよね。
複合機を選ぶポイントとして、まず「現在の状況と利用目的」を把握し、「しっかりと比較する」ことが重要です。

自社の利用状況を確認する

複合機の導入を考えた際にまず把握しておきたいのは、「1ヶ月の印刷枚数」がどの位かということです。
各メーカーの複合機は、同じシリーズでも印刷速度によって型番・価格・耐久性が異なり、速ければ速いほど価格と耐久性が高くなります。印刷速度が遅い機種の場合、一度の印刷枚数が多いと業務効率に支障をきたしますし、その分故障の確率も上がります。そのため、使用用途・状況に合わせた機種を選択する必要があるからです。

複合機の販売業者側も、まずはじめに確認するのは月間の印刷枚数であり、それを基に最適な複合機の提案をします。
まずは1ヶ月の印刷枚数を確認し、自社に合った印刷速度の複合機を選ぶのがよいでしょう。

印刷枚数と印刷速度の目安
月間印刷枚数 0~500枚 20枚/分機~
500~1,000枚 25枚/分機~
1,000~3,000枚 30枚/分機~
3,000枚~ 35枚/分機~

既に複合機を導入している方であれば、毎月送られてくる請求書に印刷枚数が記載されています。新規で複合機を導入する場合は「社員数×1人当たりの1日の印刷枚数×営業日数」、または「A4用紙一束500枚を月にいくつ消費するか」で想定して考えるとよいでしょう。

各販売業者の価格を知る

月間の印刷枚数が把握できたら、次に確認するのは各複合機販売業者の見積もりです。

複合機の販売業者は、お客様の使用状況を確認し、適切な印刷速度の機種、またはオススメの機種をご提案します。
その際、お客様の希望(必要な機能等)も詳細に伝えることで、販売業者もそれに合わせた見積もりをお出しします。

同じメーカー・同じ機種でも、販売業者によってリース料金やカウンター料金等が異なりますので、複数社に見積もり依頼をしてそれぞれの見積書を比較するのが、最適な複合機を安く導入するポイントになります。

複合機の販売業者を選ぶ

複合機を選ぶポイントは、見積もりの価格だけではありません。見積もりを提示してきた販売業者についてもしっかりと確認し、信頼できる会社かどうかを判断しましょう。

故障などのトラブル発生時は、すぐに対応してくれるのか。メンテナンスはメーカーメンテナンスなのか、自社メンテナンスなのか。そのほか気軽に相談ができるかどうか。

複合機導入後は長い付き合いとなりますので、価格だけで選んであとで失敗した!といったことにならないよう、販売業者の選定も考慮する必要があります。

複合機の比較をするなら、一括見積もりが簡単便利

上記で述べた通り、複合機を安く導入するには、販売業者から提示される見積もりを比較するのが一番です。

当サイトでは、複数の販売業者に一括で見積もり依頼ができるサービスを無料で行っておりますので、見積もりや販売業者の比較をお考えであれば、是非メールフォームまたは直接お電話にてお問い合わせください。

▲TOPへ戻る

A3まで刷れる複合機リースをお考えなら一括見積もりサイト「複合機ABC」をぜひご利用ください!キヤノン複合機京セラ複合機コニカミノルタ複合機シャープ複合機
富士ゼロックス複合機、リコー複合機、その他全メーカーからあなたのお望みの1台が見つかります。2分程度のお見積り依頼で最大5社のお見積もり!