複合機リース契約と保守契約について

意外と知らないリース契約と保守契約の仕組み

リース契約と保守契約の関係

リース契約と保守契約は全く別のものです。買取りにすると保守メンテナンスが付いてこないと誤解していらっしゃる方も多いようですが、保守契約はリースでも買取りでも任意で契約できるものです。

もちろん契約した方が断然お得です。簡単に表現すれば、リース料は機械に対する支払いです。そしてメンテナンス料金は別途カウンター料金やトナー料金という形式で契約をします。

当サイトでは、リースでも一括購入の場合でも保守契約を結ぶことをおすすめします。

業務形態によって色々選べる保守契約

代表的な保守契約とその内容


カウンター方式(カウント、チャージ等)


保守料金は、1枚コピーするごとに、本体に内蔵してあるカウンターがその枚数をカウントし、決められた1枚あたりの金額に基づいて計算されます。これをカウンター料金と呼び、基本的に使用者へのご請求は1ヶ月単位となります。

この料金には「本体内の感光体、現像剤の使用料」「トナーおよび保守サービス費(サービス技術員の派遣費用・交換部品代を含みます。)」が含まれます。

万が一、紙づまりや汚れなどでサービスマンが訪問修理をしたり、部品の交換が必要になった場合でも追加保守料などが請求される事はありません。

また、メーカーによっては、トナーは別途購入していただく機種もあります。契約有効期間は通常5年間、以降は再契約となります。カウンター料金は機種毎に異なります。

カウンター方式におすすめの環境


キット方式(トナーキット、トナーセット等)


使用者がトナーキットを購入することで、部品交換が必要となった場合の供給やトナー、その他消耗品(用紙は除く)の供給およびトータルな保守サービスが実施される仕組みです。

この料金には、感光体、現像剤の使用料、および保守サービス費(含、技術員の派遣費用)が含まれています。

契約期間は1回の購入または5年経過するまでの短期の方となり、期間満了後は再度コピーキットを購入する必要があります。

キット方式の保守は契約者の依頼に基づき、サービス手配を行う契約となることが一般的です。キット購入以外のトナー代および保守料金に関する料金お支払いは基本的には発生しません(用紙代などは別)。

こちらの価格も対象機種毎に定められております。

キット方式におすすめの環境


スポット保守方式


契約者の依頼に応じて、点検や修理、感光体やその他部品などの交換及び消耗品の提供を有償で行う保守サービスのことです。その際に必要な費用や、サービスマンの出張費等がその都度発生します。

ほとんどの場合、その費用が割高なものとなってしまうケースが多いため推奨している販社は少ないかと思います。

中古で購入する場合、スポットしか受けられないところもありますので、事前によく確認することが大事です。

複合機リースのメリット
一括購入のメリット
レンタルのメリット
複合機リースの仕組み
レンタルの仕組み
 
保守契約って?
どんなメーカーがあるの?
一括見積もりはこちらから

複数の会社から一括見積もりで一番いい複合機を導入!

複合機リースを最大5社から相見積もり

複合機の条件やご担当者様の連絡先をご記入いただき、一括見積もり開始。折り返し複合機ABCよりご依頼先の複合機販売店を記載したメールをお送りします。
メールに記載された複合機販売店の各担当より、お客様へお見積もりのご提案や、お見積もりに必要な情報の再確認のご連絡がございます。
続々と届いたお見積書を比較検討して、お客様に最適な1台を決めてください。気になるところはご契約前に販売店によく確認しましょう!

お問い合わせは完全無料です。最短で15分程度、遅くとも2営業日以内に複数の複合機販売店 (※ご指定いただいた会社数によります) からご連絡がございます。お急ぎのお客様はその旨を備考欄などにご記載いただければ、その旨複合機販売店にしっかりお伝えいたします!

複合機一括見積もり専用フォームはこちら

お客様の都道府県をクリックして専用フォームへお進みください。

北海道青森岩手宮城秋田山形福島茨城栃木群馬埼玉千葉東京神奈川新潟富山石川福井山梨長野岐阜静岡愛知三重滋賀京都大阪兵庫奈良和歌山鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄

▲TOPへ戻る

A3まで刷れる複合機リースをお考えなら一括見積もりサイト「複合機ABC」をぜひご利用ください!キヤノン複合機京セラ複合機コニカミノルタ複合機シャープ複合機
富士ゼロックス複合機、リコー複合機、その他全メーカーからあなたのお望みの1台が見つかります。2分程度のお見積り依頼で最大5社のお見積もり!