複合機・コピー機 用語集「は」行

◆排紙

コピー機などから、印刷した用紙が出てくること。


◆排紙容量(はいしようりょう)

処理が済んだ用紙を蓄えておける枚数。


◆排版

マスターを自動的にドラムから外す。


◆排版ボックス

使用済みのマスターを収容する容器/装置。


◆パワーセーブモード(ぱわーせーぶもーど)

コピー終了後所定時間が経過すると、定着部への電力供給を遮断する等して自動的に電源が切れ、消費電力を節減する省エネ機能。


◆パラレルポート

周辺機器を繋ぐインターフェイスの一つ。


◆ビジネスフォン(びじねすふぉん)

オフィスでの使用に適した電話機で、代表組、ダイヤルイン、保留転送などの多様な機種を備える。


◆表紙挿入機能(ひょうしそうにゅうきのう)

コピーする時に手差しを使って自動的に色紙に表紙部分や裏表紙部分をコピーすることができる機能。


◆ファーストコピータイム(ふぁーすとこぴーたいむ)

コピーボタンを押してから1枚目のコピーが排出し終わるまでの時間。コピー機能の競争のポイントの一つ。


◆複合機(ふくごうき)

コピー、ファックス、プリンター、スキャナー等、複数(2個以上)の機能が一つの事務機器に組み込まれている機械を指す。
複合機というだけで全機能が実装されている訳ではない為、用途に合わせて、購入前に仕様を確認する必要がある。
同一型番(機種名)の機種でもオプションの有無により使える機能がことなる。
また、パソコンを起動せずにコピーだけができるので、パソコンが苦手な方でも利用できるというメリットがある。
近年、プリンターの高機能化に伴い、売れ筋のプリンターは徐々に複合機にシフトしつつある。


◆普通紙(カット紙)(ふつうし/かっとし)

決められた寸法によって定型にカットされた用紙。PPC用紙とも呼ばれ、コピー紙やプリンタなどにも使われる。


◆普通紙(ロール状)(ふつうし/ろーるじょう)

A4やB4幅の巻き紙。A3の場合のロール紙はほとんど存在しない。


◆部門管理カウンター(ぶもんかんりかうんたー)

部門ごとのコピー管理により、枚数を簡単にチェックできる機能。


◆フラットベッドスキャナ(ふらっとべっどすきゃな)

コピー機のようにガラス面に原稿などを置き、上ブタをかぶせて読み取る方式のスキャナのこと。
印刷物や写真を読み込むには使いやすいため、このタイプのスキャナが一般に多く出回っている。


◆フリクションパッド(ふりくしょんぱっど)

摩擦により用紙を1枚ずつ送るためのもの。


◆プリンター

パソコンで作成した文字データや画像データ、図形データなどをコピー機に送信し、カラーまたはモノクロで紙に出力(印刷)することができる。
データをコピー機に送信するためには、パソコンとコピー機が接続されている必要がある。
接続方式は、1台のコピー機を複数で共有するネットワーク接続(LAN)と、USB接続などがある。


◆プリント追い越し機能(ぷりんとおいこしきのう)

A3用紙のプリント時にトレイのA3用紙がなかった場合、A4用紙などの処理可能ジョブがあれば、そちらを優先してプリントアウトする機能。
(プリント出力中に用紙切れになった場合は追い越しできない。)AR-350M・AR-450M


◆フルカラー(ふるからー)

32bit Colorのこと。光の3原色のRGB(赤緑青)を各々8bit(256段階)で表することにより、1,677万7,216種類の色を表現することができる。True Colorとも言う。


◆プルスキャン(ぷるすきゃん)

パソコンからスキャンを複合機に指示できる機能のこと。プルスキャンでは一枚ずつしかスキャンできないため、毎回原稿を複合機にセットしに行かなければならないという不便さがある。まとまった資料などをスキャンすることが多い場合、プッシュスキャン機能付の複合機のほうが便利。


◆プッシュスキャン(ぷっしゅすきゃん)

複合機からの操作でスキャンを実行し、あらかじめ設定しておいたパソコンにそのスキャンしたデータを送ることができる機能のこと。
複合機の前で操作が出来るので、保存したい原稿を全て読み込ませてから、パソコンにまとめて送ることができる。


◆ページ印刷(ぺーじいんさつ)

コピーすると同時にページ番号を自動的に印刷する。


◆ページ分割(ぺーじぶんかつ)

本や冊子などの見開きページごとに、別々の紙にコピーできる機能のこと。


◆保守契約(ほしゅけいやく)

PPC やPPFなどには、その商品の性質上、メンテナンス(常に安定した性能を発揮できるようサービスマンが訪問し調整や清掃を行う)が必要である。
そこでPPCの販売時にはパーソナルタイプを除き、ほとんどのケースで保守契約が付随する。お客様に前もって保守契約料を支払って頂く事で、急な修理費用の発生が押さえられる。
保守の形態は大まかに「カウンター方式」と「キット方式」または「スポット保守契約」に分けられる。
「カウンター方式」と「キット方 式」、「スポット保守契約」にはそれぞれ特徴があり、その機種にマッチした方式のいずれかをメーカーが推奨して提示している。

完全無料!わずか2分のカンタン入力で複合機リース・購入を相見積もりで比較!

【複合機リースを最大5社から相見積もり】

複合機の条件やご担当者様の連絡先をご記入いただき、一括見積もり開始。折り返し複合機ABCよりご依頼先の複合機販売店を記載したメールをお送りします。
メールに記載された複合機販売店の各担当より、お客様へお見積もりのご提案や、お見積もりに必要な情報の再確認のご連絡がございます。
続々と届いたお見積書を比較検討して、お客様に最適な1台を決めてください。気になるところはご契約前に販売店によく確認しましょう!

お問い合わせは完全無料です。最短で15分程度、遅くとも2営業日以内に複数の複合機販売店 (※ご指定いただいた会社数によります) からご連絡がございます。お急ぎのお客様はその旨を備考欄などにご記載いただければ、その旨複合機販売店にしっかりお伝えいたします!

各都道府県の複合機一括見積もり専用フォームはこちら

お住まいの都道府県をクリックしてお問い合わせ専用フォームへお進みください。

北海道青森岩手宮城秋田山形福島茨城栃木群馬埼玉千葉東京神奈川新潟富山
石川福井山梨長野岐阜静岡愛知三重滋賀京都大阪兵庫奈良和歌山鳥取島根
岡山広島山口徳島香川愛媛高知福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄

▲TOPへ戻る

A3まで刷れる複合機リースをお考えなら一括見積もりサイト「複合機ABC」をぜひご利用ください!キヤノン複合機京セラ複合機コニカミノルタ複合機シャープ複合機
富士ゼロックス複合機、リコー複合機、その他全メーカーからあなたのお望みの1台が見つかります。2分程度のお見積り依頼で最大5社のお見積もり!